日本一周 初代ステップワゴン車中泊~おっさん一人旅-過去の珍道中記録

(2015年4月13日に念願だった日本一周車中泊の旅へ出発しました!)車中泊を中心とした貧乏旅行の旅記録。呑んだくれな私の好むB級グルメと、源泉かけ流しの濃い~温泉、そして全国のB級珍スポットを中心に巡った珍道中をまとめました。

元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

年末年始旅、前日(大晦日)は別府にて滞在でした。
4日目後編記事はこちら!

大晦日の日は、別府湾SAにて車中泊やったんですけど、
どうも元旦に日付が変わったあたりから、周りの雰囲気が騒がしい・・・
どんどん車が押し寄せて来てるようです。
実はここを車中泊地に決めたのは、高台にあり、
海から昇る朝日が綺麗に見えるからなんですよ。
初日の出がお目当てやったんです。



朝6時には・・・
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

駐車場も全く停める余地がありません。
交通誘導の警備員も、何人も配置して駐車場枠のないとこにも停めてます。
はい、ここって地元で有名な初日の出ポイントやったんですね。

7時過ぎになり、そのビューポイントに移動します。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

ううぅ~、さすがにこの時間に外に出ると寒いな~

朝もやの別府市街地。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

ちょっと雲が多いので、太陽ちゃんと見えるんかいな?
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

このあたりが日の出のポイントです。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

結構海岸線の上の方にまで、雲がかかっているでしょ?

と、思っていると、雲の切れ間から、ひょっこり太陽が。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

うん、大丈夫だ。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

2014年の初日の出!
実は元旦にどっかで繰り出して、初日の出見るのって30年以上ぶり。
大概は大晦日に食って呑んで年越しするんで、
元旦は朝10時くらいに起きるのが定番ですからね。

前年はツキがホントなかったように思います。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

ここ10年くらいで、一番伸び悩んだ年であったか。
この光を浴びて、2014年は好転させないとな。

ちゃんと太陽、顔を出しましたね(^^)
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

40分も外にいるとめっちゃ寒い、ちと車に戻って毛布にくるまろ。

この日は、朝の身支度も外の雰囲気が落ち着いてから。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

別府湾SAから南へ、別府ICより高速を降ります、目指すは由布市。

信心深くない私なので、これも普段はやらないんやけどな~
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

初詣、お寺参りいたします。

と言っても、私が普通のお寺に行くわけが絶対ない。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

この巨大な合掌ゲート持ってる寺院は、全国的にも珍しいでしょう。
写真枚数も多いので、別記事にします。
大分由布市「正雲寺」の記事はこちら!

もう一寺、巨大な磨崖仏の大黒様がいてます。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

大分由布市「龍源山功徳院」の記事はこちら!

今年は、こういう珍寺めぐりも続行しようと思っていますので、
その旅の安全祈願をさせてもらいました。

では、大分市内に戻りましょうか、ランチの時間帯です。
元旦!初日の出と珍寺初詣(2013~2014年末年始9連休)5日目前編

この日は元旦なので、開いている飲食店もごくわずか。
まあ大手チェーン店やと確実に開いてるけど、大分にまで来て、
そういう店には入りたくない。
ラーメン屋見つけたんで入ってみたけど、九州系らーめんでなく、
横浜家系ラーメンでした・・・
横浜家系ラーメン「とん壱」新川D-PLAZA店の詳細記事はこちら!

ちと、この日の記事も長くなってきました。
後編へ以下に続きます。
5日目後編の記事はこちら!

目次へ戻る


(サイト内検索)

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

次の宿泊候補地

    

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

買いたい物リスト

    
ページのトップへ戻る