日本一周 初代ステップワゴン車中泊~おっさん一人旅-過去の珍道中記録

(2015年4月13日に念願だった日本一周車中泊の旅へ出発しました!)車中泊を中心とした貧乏旅行の旅記録。呑んだくれな私の好むB級グルメと、源泉かけ流しの濃い~温泉、そして全国のB級珍スポットを中心に巡った珍道中をまとめました。

国道九四フェリー 乗船記(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

四国横断を、3日がかりで東から西へやって来ました。
「松山市街地観光から、さらに西へ移動」3日目中編記事はこちら!

こっから、いよいよ九州に渡ります。
九州と四国は結ぶ橋もないですから、この航路は利用価値高いですね。
愛媛と大分を結ぶカーフェリーは合計3会社あるんですけど、
その中でも一番安いのが、この九州・四国の最短航路を結ぶ、「国道九四フェリー」。
今回、こちらを利用しました。

まず、こちらのフェリーを車で利用するには、事前予約が必要です。
朝7時から1時間おきに出航しているので、
ま、どこでもすぐとれるかと思ってたんですけど、
ネット上の予約画面では全てに×印が・・・
まあ年末は厳しいな~と思いつつ、何度かチェックしていると、
キャンセルが出たんでしょう、12月30日18時半の便が△で空いてました、
ってことで即予約です。



予約時間の1時間半前に到着したので高台から、このフェリーを撮影。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

ちと早いけど、もう手続きをするかとこの後、フェリー乗り場に行くと、
「1時間前の分、乗れますよ~」とのこと。

慌てて、車検証持って、乗船手続きに向かいました。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

この区間の航走運賃は、車長5m未満で8460円。
この運賃が高いか安いかは、よーー分かりませんね。
しかし、他の八幡浜から出てる2フェリーよりも安いです。

あっ、乗る船が岸壁に横付けされようとしてます。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

想像以上にちっさいな、車何台のっけられるんだろ?

この船の案内図。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

全長はさほどではないが、全高が高いんかな?
(後で調べたら、乗用車換算で48台積むことができるそうです)

後部の入り口ハッチが開きます。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

まず、大分側から乗ってきた車が降りていきます。
反対側も開くようになっているので、乗った順番にそのまま降ります。

乗り込み、客室へ。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

こちらがシート席。

そしてカーペット席。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

展望ルームです。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

どこもほぼ満席状態でした。

売店もずっと営業されてました。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

そして、フェリー定番のカップヌードル販売機。
国道九四フェリー(愛媛三崎~大分佐賀関を70分で結ぶ、九州・四国の最短航路)

皆さん、これ買うんよな~
今回も夕飯時やったのもあり、結構食ってる姿を見かけました。
フェリー使った貧乏旅では、カップ麺すする姿ってなぜか合うんですよ。
ただ、ビールの販売機はこのわずか70分って時間ですから、
さすがにこの船では見かけなかったな。

1時間ちょっとなので、トイレ行って、船内を色々見て回ったり、
ちょこっとスマホいじったりしてると、あっちゅう間に時間だ。
四国・南九州への旅行を計画した場合、使い勝手は非常にええですね。
カーフェリーでは、北海道行きのフェリーに次いで、需要は高いと思うな。

目次へ戻る


(サイト内検索)

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

次の宿泊候補地

    

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

買いたい物リスト

    
ページのトップへ戻る