日本一周 初代ステップワゴン車中泊~おっさん一人旅-過去の珍道中記録

(2015年4月13日に念願だった日本一周車中泊の旅へ出発しました!)車中泊を中心とした貧乏旅行の旅記録。呑んだくれな私の好むB級グルメと、源泉かけ流しの濃い~温泉、そして全国のB級珍スポットを中心に巡った珍道中をまとめました。

強烈な印象の混浴とテラ盛り 青森八戸~酢ヶ湯温泉~青森市内~道の駅「よこはま」(東日本応援車中泊旅26日目)2011年6月

強烈な印象の混浴とテラ盛り 青森八戸~酢ヶ湯温泉~青森市内~道の駅「よこはま」(東日本応援車中泊旅26日目)

宿泊した宿は朝食バイキングつきでした。
はちのへゆーゆらんど 新八温泉 朝食バイキング編

はちのへゆーゆらんど 新八温泉 朝食バイキング編の記事はこちらで

この日は青森を精力的に走ります。
まず、目指したのは、青森で一番入りたかった温泉。
「酢ヶ湯温泉」を目指しました。

強烈な印象の混浴とテラ盛り 青森八戸~酢ヶ湯温泉~青森市内~道の駅「よこはま」(東日本応援車中泊旅26日目)

ここは実は混浴の「ヒバ千人風呂」があります。
ただ、その混浴は男女入る位置をきっちり区分けしているし、
女性の出入り口にはきちんと囲いもあるし、
また湯浴み着、バスタオル巻き入浴も可の、女性に敷居の低い混浴。
まあ、そっち方面を期待して行くような混浴ではありません。



私はそんな中、ぼーっとうたせ湯にうたれていると、
ある男性に声をかけられました。
非常に青森なまりが強くて、私には何言っているのかさっぱり分かりません。
なんか自身の持っているタオルを指して、
私にも持っているか聞いているようであったので、
ちょっと高い所においていたタオルを下ろしました。

すると・・・それで背中こすってやるからって言うんです。
これは言葉分かりました。
気色悪いなと思いつつ、逃げる間もなく、タオルを奪われました。
で、背中をゴシゴシされちゃいました。
終わって、礼を言って逃げようとすると、
「私もやってくれ」(青森弁です)とのこと。
やってもらったから断るわけにもいかず、
全く見ず知らずの他人の背中をゴシゴシしました。
色々と注文つけられそうになったので、
あ~連れと待ち合わせの時間なんです!ってことで慌てて逃げました。
怖かった~~(^^;)
あのまま、なすがままにされてたら、私は一体どんな状態になってたでしょうか・・・

こちらの温泉の詳細は以下で紹介しています。
酸ヶ湯温泉旅館

酸ヶ湯温泉旅館(青森)の記事はこちらで

あと昼食もこちらでいただきました。
鬼面庵(青森)

酸ヶ湯温泉旅館 お食事処 鬼面庵(青森)の記事はこちらで

青森市内に入り、次の日も山奥に行きますので、お昼ごはんを購入しておきます。
キッチン ぴじょん

キッチン ぴじょん(青森市)うわさのオムライス弁当の記事はこちらで

青森というとマグロの一本釣りが有名ですよね。
温泉とともにグルメも堪能の旅ですから、
マグロ丼が食える店をチェックしていました。

大盛りの店なので、小盛り丼を頼みました。
強烈な印象の混浴とテラ盛り 青森八戸~酢ヶ湯温泉~青森市内~道の駅「よこはま」(東日本応援車中泊旅26日目)

・・・小盛りですよ。
マグロの刺身がゆうに、50切れはのっているでしょう。
私は海鮮刺身は大好き人間なので、完食できましたけど、
おっちゃん3人組は、相当食べ残しされておりました。

こちらのお店の詳細は以下で書いております。
鶴亀屋食堂(青森市浅虫)名物テラ盛りマグロ丼の記事はこちらで

海岸線を走って、さらに北を目指します。
夕日も綺麗。
強烈な印象の混浴とテラ盛り 青森八戸~酢ヶ湯温泉~青森市内~道の駅「よこはま」(東日本応援車中泊旅26日目)

梅雨前線より先に北上する作戦は見事成功しました。
ま、台風に2日ほど祟られたのは、これだけの長期旅行やと仕方ない。

そして下北半島の中間にあります道の駅「よこはま」に。
強烈な印象の混浴とテラ盛り 青森八戸~酢ヶ湯温泉~青森市内~道の駅「よこはま」(東日本応援車中泊旅26日目)

ここで今日は車中泊いたします。
本州はこれで最後の宿泊地になるかな?
平均的な、なんの特徴もない道の駅でした。

いや~温泉もグルメもインパクトの強い日でした。
明日はもっと穏やかに過ごしたいもんだ・・・
27日目に続く。

目次へ戻る


(サイト内検索)

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

次の宿泊候補地

    

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

買いたい物リスト

    
ページのトップへ戻る