日本一周 初代ステップワゴン車中泊~おっさん一人旅-過去の珍道中記録

(2015年4月13日に念願だった日本一周車中泊の旅へ出発しました!)車中泊を中心とした貧乏旅行の旅記録。呑んだくれな私の好むB級グルメと、源泉かけ流しの濃い~温泉、そして全国のB級珍スポットを中心に巡った珍道中をまとめました。

案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー乗船記(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

今回の高松旅に行こうかとプランニングしたのは、
このフェリーが、運賃が安く、使い勝手がいいから。

神戸と高松を結ぶ、ジャンボフェリーです。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

神戸港まで、チャリンコでやって来るから、それまでの交通費はかからないし、
自転車乗せても、人一人運賃+片道500円

案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

往復4800円程度で行けるんですよ。
自転車も積まなかったら、片道2000円もしませんからね。
JRで、京都から姫路行くよりも安いんです。



そして、使い勝手がええのは、夜行便があるから。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

片道約4~5時間の所要時間なんですが、
日付が変わったあたりの時刻に出て、早朝5時くらいに到着。
はい、寝ている間に移動できるわけです。

そんな、フェリー船内をご紹介しますね。

まず、こちらが、自動車停めておく用の甲板。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

自家用車とかは、こちらに停めておかれます。
もう一層下は、天井が高いので、トラックが主でしたね。

往路の船内では、この席を利用しました。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

2人掛けのリクライニングシート。
この日の夜行便は、四国へ観光へ向かう客でいっぱいでしたから、
確実にゆったり座れて、モバイル機器が充電できる席を確保。
一席に必ず、コンセントが1つついています。

こーんな感じで充電いたします。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

帰りの船では、すいていたので、窓側の4人掛け席を2人利用。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

こっちもコンセントはついていましたし、
フカフカの椅子に横になって寝られたのは、
寝不足やったのでありがたかったです。

また、フラットで寝ることができるスペースもありますよ。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

行きはご覧の混雑さなので、リクライニングにしました。

そして、船内の物販関係ですね。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

お土産物を買う時間が、四国でなくなっても安心。
この船内で購入することができます。

また、ちょっとしたファーストフードコーナーも。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

で、ジュースの自販機はあったんですけど、
アルコールの自販機はなかったです。
ただ、ここのコーナーで缶ビールは売っておりましたが、アサヒスーパードライが300円・・・
まあ船内で飲もうと思っておられる方は、フェリー乗り込む前に購入されたほうがええですね。

そして、讃岐うどんをここで食すことができます。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

しかしな~、わざわざここで食わなくても、
四国着けばいくらでも食えるとこあるわけやし・・・
それに帰りのフェリーでは、おそらくうどんもういらないってくらいに、
食べてるって思うし・・・

かやくうどんって名前のうどんがあったんですね。
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

って、私の小さかった頃は、
普通に神戸でも「かやくうどん」って言ってましたよ。
うん、「かけうどん」って名前やなかったわ。
葱がちょろっと、そして蒲鉾がひとかけら、確かにのってましたね。

この船のシンボル?
案外、四国まで安いんです ジャンボフェリー(本州神戸⇔四国高松を結ぶカーフェリー)

一番最上階の展望デッキに配置されておりました。

片道5時間の旅ですけど、寝ていたらあっちゅう間。
瀬戸内海航走は、ほとんど揺れもなく快適です。

車は航走料が高くなるので、
明石海峡大橋、鳴門大橋を利用するルートと比較して、
この航路を使うメリットとすれば、寝て休んでいる間に着けるってことだな。
しかし、船旅って大好きな私なので、
今後もこのフェリーで、四国渡る機会は多くあると思いますよ。


にっぽん全国たのしい船旅(2014-2015)

目次へ戻る


(サイト内検索)

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

次の宿泊候補地

    

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

買いたい物リスト

    
ページのトップへ戻る