日本一周 初代ステップワゴン車中泊~おっさん一人旅-過去の珍道中記録

(2015年4月13日に念願だった日本一周車中泊の旅へ出発しました!)車中泊を中心とした貧乏旅行の旅記録。呑んだくれな私の好むB級グルメと、源泉かけ流しの濃い~温泉、そして全国のB級珍スポットを中心に巡った珍道中をまとめました。

南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ乗船記

南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

「高速道路1000円乗り放題」・・・
全国あちこち車で旅する私は、めちゃめちゃ恩恵を受けました。
そして民主党はマニフェストでさらに、高速道路の無料化を謳います。
さらにあちこち旅に行けるぞ!と期待を込めて票を入れたのですが、
現在は無料どころか逆方向に戻ってますよね(一生、民主党には票入れん)。

なので、橋が架かっている四国に行くにはフェリー使うことはまずなかった。
近畿圏から四国に渡るには、淡路島経由の橋を通過するルート、
そして、和歌山と徳島を結ぶこの航路ですね。
今回、和歌山に用事もあったので、四国へ渡るのに、
年末年始の旅に「南海フェリー」を利用してみました。



高速が1000円そして無料化になるかと言われた時期には、
存続の危機に陥りますが、なんとか持ちこたえていますね。

まずは、こちらで切符を購入。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

私も、もう何度かカーフェリーの利用経験はあるので手慣れたもん。
車検証片手に手続きをします。

こちらがその乗船券。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

4~5m未満の車で9300円。
これで1名の大人乗客運賃も込みです。
まあ、明石海峡大橋、大鳴門橋を渡っていくのを考えると、
時間もお金も、ちと無駄かなとは思いますけどね。

その切符売り場には、売店、レストランもありました。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

待ち時間にここで、ショッピング、腹ごしらえできますね。

さあ、今回乗り込むフェリーが岸壁に横付けされようとしてます。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

カーフェリーにしては、大きさはあまり感じません。

こちらが今回乗船するフェリー「かつらぎ」の船内案内図です。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

そんじゃ、乗り込みますか。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

一番最初に私がカーフェリーを使ったのは、北海道へ行く新日本海フェリー。
あのときはどうやって車を入れたらええか、結構緊張したが、今はもう手慣れたもんです。

はい、誘導通りにぴったり停車。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

この日はまだ、あまり混雑さもありませんでした。

上へ登って、こちらが2等客室のカーペットスペース。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

寝転べるので、こっちの方が混雑度合いは激しいですね。

そして、座席スペース。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

こっちは、前に大型の液晶TVもあったので、私はここで過ごしました。
(ただ、テレビの映り具合は途中、途切れ途切れでした)

こちらが外のオープンデッキ。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

まあ、冬の寒い中ですんで、こんなとこに人はおらんでしょう。

そんでこんなスペースもありました。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

コンセント・机つき。
パソコン持っているならば、ここでちょっとした作業できますね。
ただ人気は非常に高く、乗船後すぐに利用客がおりました。

で、あちこちで萌え系のキャラがいてましたね。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

「高野きらら」ちゃんと、「阿波野まい」ちゃんの
お二人なんですけど、この子がどっちなのかはよく分かりませぬ。

フェリー内の売店。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

なぜか、出航前だけの営業でした。

ここでも、萌え系キャラの飴ちゃんが売られてましたね。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

あ、上の写真は高野きららちゃんなんだ。
どうなんでしょ?これでそんな人気でるんかいな。

あと自販機は、なぜかビールや日本酒も売ってました。
南海フェリー(和歌山~徳島を2時間で結ぶカーフェリー)フェリーかつらぎ

カーフェリーで片道2時間ですから、運転手は利用できませぬ。
あと、カップヌードルの自販機は結構需要があるようで、
ちょうど今回の移動時間が19時~21時と晩飯時やったのもあり、
買っている方が多かったです。

まあ、車で四国へ行くならば、
特に和歌山市を経由して渡らねばならない事情がない限り、
淡路島に架かる2大橋経由で行くのが妥当でしょう。
ただ、南海電車を使った徒歩客ならば、
南海電車の運賃も込みで2000円ってな割引もやってますから、
これは使ってみるのも手ですね。

目次へ戻る


(サイト内検索)

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

次の宿泊候補地

    

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

買いたい物リスト

    
ページのトップへ戻る