日本一周 初代ステップワゴン車中泊~おっさん一人旅-過去の珍道中記録

(2015年4月13日に念願だった日本一周車中泊の旅へ出発しました!)車中泊を中心とした貧乏旅行の旅記録。呑んだくれな私の好むB級グルメと、源泉かけ流しの濃い~温泉、そして全国のB級珍スポットを中心に巡った珍道中をまとめました。

スーパーアグリ・SA07 ホンダ(2007年)佐藤琢磨/アンソニー・デビッドソン

スーパーアグリ・SA07 ホンダ(2007年)佐藤琢磨/アンソニー・デビッドソン

まあ、佐藤琢磨をF1で継続して走らせるために、
出来たチームと言っても過言ではない。
2005年シーズンでもって、佐藤琢磨はBARホンダチームを解雇となるのだが、
鈴木亜久里がチーム代表となり、2006年シーズンから日本のF1チームが誕生したのだ。




1/43ミニチャンプススーパーアグリ SA07#22 佐藤 琢磨

しかし、2006年はめちゃくちゃ遅かったですね。
シーズン当初はアロウズの2002年中古マシンを元にデザインされた車。
現在のHRTの遅さとかよりも、さらに遅かった。
そしてセカンドドライバーは井出有治が乗っていたが、
琢磨よりもさらに1秒以上も遅いタイムでF1ドライバーの器ではなかったですね。
結局FIAより、スーパーライセンスを剥奪されましたが・・・

2006年シーズン終盤は、新シャシーの投入により、
最下位争いをスパイカーと演じるくらいまでには成長しましたが、
後方をちんたら走るだけというていたらく。
この年は鈴鹿に見に行ってましたが、全然期待してみてませんでした。

スーパーアグリ・SA07 ホンダ(2007年)佐藤琢磨/アンソニー・デビッドソン

そして2007年シーズン!
びっくりするようなことが開幕戦で起こるのである。
なんと開幕直前になんとか間に合ったニューマシンで、
琢磨がQ3進出の予選10番手に躍り出たのだ!!

なかなかこのSA07は、ホンダのマシンのほぼコピーではあるが、
うまくよくまとまっておりました。

一番の見せ場はカナダGP。
琢磨は前年チャンピオンをアロンソをオーバーテイクしての6位入賞。
夜中にテレビの生中継を見ながら、「行け!琢磨!」って叫んでた記憶があります。

この年はそこそこの走りをしたスーパーアグリですけど、
翌年、スポンサー問題もあり、シーズン途中で活動休止。
まあ、このスーパーアグリ問題もあり、
日本企業はF1への進出を躊躇するようになりましたね。
可夢偉へのスポンサーも全くつく気配ないよな・・・

目次へ戻る


(サイト内検索)

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

次の宿泊候補地

    

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

買いたい物リスト

    
ページのトップへ戻る